ジェネリックのバリフとレビトラの決定的な違いって何?

バリフとレビトラの違いは何?

バリフとレビトラの違いは何?

バリフとレビトラの違いとはどのようなものでしょうか。どちらもED治療薬として発売されているお薬ですが、その相違点について解説します。

まず、どちらもバルデナフィル塩酸塩水和物というED治療薬であることに違いはありません。ED治療薬というと最も有名なのはバイアグラですが、その成分名はシルデナフィルです。

お薬の名前は、成分が似ているもののの名前も似ていることが多いので、ED治療薬の一つであろうということは予測できるでしょう。

現在、日本で医療費の高騰が日本の経済に大きく影響しており医療費の抑制をしようと、政治家や役人は躍起になっています。そこで出てくるのがジェネリック医薬品という言葉です。お薬を一つ開発するのにはとても莫大な費用が必要です。

お薬の候補となる物質を探し、その薬を作って、まず動物で実験して、安全性が確かめられ、さらにそのデータをもとに承認が得られた後で人に投与して安全性をさらに確認しなければいけません。この過程には非常に多くの技術者や医師などのコストもかかります。

そして、晴れてお薬として認められれば、これらのコストがお薬の代金に転嫁されるのです。そうやってお薬の値段は決まりますし、当然高額になります。

しかし、ジェネリック医薬品というものは、薬の開発は行わず、特許が切れたお薬を作り出すことで、開発費などがその薬価に転嫁されないためにとても安く作ることができるのです。

この違いがレビトラとバリフの違いです。レビトラは先発品として開発されたものであり、非常に高額となっていますが、バリフはそのジェネリック薬品となるため非常に安く手に入れることができるのです。

しかし、安いからいいということではありません。先発品は十分な副作用などを検証して発売されているため、どのような副作用が出やすいかなどのデータがそろっていますが、バリフはそのような試験は十分には行われていません。

また、お薬の成分であるバルデナフィルは同じでも、その製造過程などが異なるため、どのような物質が添加されているか、その添加されている物質までもが問題ないのかなどはわからないのです。

ですから、レビトラでは見られなかった副作用がバリフを飲んで初めて出てしまうということがあっても、おかしくはないのです。

つまり、安く手に入れられるけれども、副作用に関してはより注意して使用しながらジェネリック薬品を利用しなければならないという違いは、しっかりと認識しておかなければならないことが重要であるということになります。